膝・腰痛の原因のほとんどが股関節から

トレーニング風景

簡単にいうと股関節の周りの筋肉が硬くなって骨盤を歪ませたり、脚を捻ったりすることで膝にストレスが集中して、結果炎症を起こし痛みを伴います。

想像してください。歯車が2つあり、重なりあって動いているとします。その歯車がしっかりと噛み合っていなくてずれていてはどうでしょうか。

もちろん、歯車は回ります。そのまま回し続ければどうなるでしょうか?容易に想像がつくと思います。答えは簡単です。

積み重ねたストレスによって壊れます。

無理に動かせば動くけど、なんでも無理矢理するとなにかの障害が発生するものです。人間のカラダも同様に無理矢理、我慢して生活している人が多いのです。カラダの悲鳴に耳を傾けてあげてください。

筋膜リリースを中心に歪みを改善

一般の方もアスリートも基本は同じで歪みが発生して痛みを発します。

関節をまたいだ筋肉が硬くなることで歪みを発生させています。その歪みを改善するために筋膜リリースという施術を行います。

硬くなっている部位=痛みが伴う部位を手技により改善するようにゆるめてあげることで、筋肉が本来あるべき柔軟性に近づけます。

施術してもらってもすぐに痛くなるという方々にたくさん出会いました。それは当然です。やはり持続させてあげるには、良い状態を身体に再学習させてあげなければいけないといけません。

アスリートは再発してはスポーツができません。私たちは一般の方にもアスリートと同じようなサービスを提供させてもらうことで、良い状態を保ってもらうようにしています。

パフォーマンスアカデミーは継続していただくことで良い状態に戻って頂きたいので、料金や制度は工夫させてもらっています。